KYOGAKU International Patent Office

BLOG

炭酸水

厳しい暑さが続く毎日で、リモートワークが出来る有難さを感じる日々ですが、事務所の方もより過ごしやすくなるよう、 […]

OBENTO

いつもご覧くださりありがとうございます! 協学国際特許事務所では、現在も引き続きリモート勤務とオフィス勤務を併 […]

リモートワーク

 協学国際特許事務所では、昨今の情勢に鑑みて、2020年4月7日から技術・事務共に原則リモートワーク(テレワー […]

For visitor

◆協学国際特許事務所は、2019年4月1日に設立したばかりの特許事務所です。2020年4月の時点では、弁理士5名、特許技術者1名、および事務スタッフ3名が所属しております。いずれのスタッフも長い実務経験を有しており、私達はこれまでの経験を生かして、より質の高い知財サービスを提供できるよう、誠意努力して参る所存です。

◆また、お陰様で設立から半年程で多数のお客様(うち4社は創立70年以上の一部上場企業様)からご依頼を頂いております。

◆引き続きお客様の知財活動の一助となれるよう努めて参ります。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

Our services

特許出願&権利化業務

 出願打合せには、事前にクライアント様から頂いた発明提案書をしっかりと読み込んでからお伺いしております。打合せ時には、変形例の提案やメインクレーム(上位概念化)の呈示などを行っております。また、長年の中間処理の経験から、審査過程を考慮したアドバイスを打合せ時に行っております。発明のポイントを捉え、多角的な視点から検討することを心掛けております。

 私達は、お客様とのコミュニケーションを重視しております。お客様のお話やご要望をしっかりと伺い、疑問や不明な点はそのままにせずに、議論や代替案の呈示などを行うようにしております。お客様と共に、より良い明細書の作成を実現していきたいと思っております。

 PCTおよび外国案件の取り扱いも行っております。弊所には、内外実務に精通した外国事務スタッフおよび弁理士が所属しており、内外実務の確実な遂行が可能です。また、お陰様で多数の内外案件のご依頼を頂いております。

System

最新の特許管理システムの導入

◇弊所では、設立当初から最新の特許管理システムを導入しております。本システムにより、すべての案件の各種期限(法定期限や企業様期限等)、出願人データ、出願書類等を管理しております。本システムの管理情報をスタッフ全員で共有することで、よりスムーズな業務遂行を実現しております。また、本システムでは、特許庁と送受信する書類を取り込んで自動で期限管理を行えるため、業務効率も向上しております。

◇また、2020年4月から紙包袋を全て廃止し、リモート勤務に対応できるよう業務体制を整えました。

 

お客様毎の処理フローを作成

◇弊所では、お客様毎にオリジナルの業務処理フローを作成し、お客様のご要望や社内ルールに従った柔軟なサービスを提供することを可能としております。例えば、出願書類の納品方法やファイル形式、経理関係等には、お客様の会社毎に独自のルールがございますが、所内では案件毎にお客様専用の業務処理フローを適用し、さらに各担当スタッフがフローに従って業務を進めております。これにより、ミス無く素早く仕事を進めることが出来ております。

◇業務処理フローは、お客様毎に作成したひな形を特許管理システムに登録しておくことで、案件毎に自動で出力できるようにしております。

 

ルーチンワークの自動化

◇弊所では、ルーチンワークを出来るだけ自動化するよう、日々改善に取り組んでおります。上記紹介した特許管理システムの他、各種システムやソフトウェアの導入、また、特許明細書作成におけるマクロの利用(オリジナルのマクロを作成)、明細書のチェックツールの利用等を日常的に行っております。

 

事務スタッフと技術スタッフによるダブルチェックの実施

◇弊所では、事務スタッフと技術スタッフが相互に仕事内容をチェックすることで、事務的なミスを防ぐよう努めております。また、事務スタッフの増員により、事務スタッフ側でのWチェックも実施しております。事務所自体は立ち上がったばかりですが、各スタッフの長年の経験からのノウハウを生かして、事務体制や管理体制は設立当初からしっかりと構築しております。

◇各スタッフは積極的に業務マニュアルを作成したり、更新、共有するようにしています。所内のコミュニケーションがきちんと取れていることも、お客様に質の高いサービスを提供する上で重要なことと考えております。

Our Office

人材 

◇弊所技術スタッフは、知財業界において長い実務経験を有しており、お客様から高い評価を頂いております。お陰様で2019年4月開業から半年程で多数のお客様からご依頼を頂いております。また、弊所事務スタッフも実務経験が豊富で、業務に関して様々なことに気付くことができ、業務改善や提案等を積極的に行っております。

 

文化・環境 

◇設立したばかりの事務所のため、各スタッフが様々な提案を積極的に行ってスピード感を持った組織づくりを行っております。新しいことを取り入れて事務所をさらに進化させていきたいと思っております。

◇2019年4月の開業当初は8坪程の狭いオフィスに5~7名という厳しい環境でしたが、多くのクライアント様からご依頼頂き、お陰様で業務拡大のため同年11月に現在のオフィスに移転することができました。環境が改善されたことで更なるパフォーマンスの向上が実現できればと思っております。

 

将来性 

◇所員構成30~40代-特許業界としては比較的若い世代での所員構成ですが、実務経験は10年以上の者が多く所属しております。20代で弁理士試験に合格、または実務経験を重ね、中規模の国際特許事務所で働き続けてきたスタッフが大多数です。このように経験は十分にありつつも年代が若いという珍しい事務所ですので、今後とも長期的にお客様の知財業務のお力になれるかと思います。

◇指導実績-代表弁理士の伊藤は、明細書作成等の実務経験の他、60人規模の特許事務所においてマネージャー職、工程管理、および教育指導長を努めて参りました。また、前職では20人超の未経験弁理士および特許技術者を指導、教育してきた実績がございます。また、弊所の他の弁理士も、新人教育やチューターの経験を有しております。従いまして、未経験で弊所への転職を考えている方も安心してご入所頂き、明細書作成等のスキルをしっかり身に付けることが可能です。また、クライアント様にとっては、弊所の今後の人材育成やキャパシティ拡大もご期待頂けるものと思います。